YouTubeは、利便性・機能性に優れた最も人気のある動画共有サービスです。

メディアの変容に関するサイトのヘッダー画像

人気の動画共有サービス8選

 

動画共有サービスとは、ネットサーバーを活用して利用者が投稿した動画を、不特定多数の利用者で共有して視聴できるサービスです。
会員登録など簡単な手続きをするだけで誰でも動画を投稿できる点が、動画配信サービスとは異なります。

 

主に多くの方に見てもらう目的で投稿するケースが多いですが、ロックや制限をかけるなどして指定した人だけが視聴することもできます。

 

当記事では、日本、もしくは、世界で人気の動画共有サービス8選をまとめました。
視聴する側だけではなくて投稿する側の利便性や機能性、身内だけで動画共有する際のポイントまで徹底解説いたします。

 

 

①YouTube

YouTube

 

もはや説明不要の超人気動画共有サービスです。
人気を集めれば広告収入や企業案件で莫大な富を手に入れることができる話は有名ですよね。
YouTuberとしての収益化以外にも、企業のホームページに挿入する動画をYouTubeで作る需要が高まっています。

 

主な活用法は、不特定多数の人に見てもらう動画の投稿です。
しかし、限定公開を選択すれば検索結果や関連動画には表示されず、動画のURLを知っている人だけが閲覧する動画として投稿できます。

 

身内だけの動画共有でも活用できますが、SNSとは違ってアカウントごとに視聴制限をすることができません。
SNSで動画URLが流出されるリスクがありますので、第三者に見られると都合が悪い動画の投稿には向いていないでしょう。

 

身内同士の共有や収益化を目指す際はいくつかのデメリットがありますが、長時間の動画配信や生配信→即動画として公開が可能など機能性が優れた動画共有サービスです。

 

②Instagram

 

YouTubeに続いて動画視聴&投稿を目的にした利用者が多いコンテンツです。
メインは写真投稿に特化したSNSですが、動画投稿機能を活用する需要が高まっています。

 

なお、Instagramで動画投稿する場合は24時間で自動削除されるストーリーズIGTV(InstagramTV)の2種類があります。
投稿できる動画の時間はストーリーズが最長60秒。
IGTVは一般ユーザーが1~15分、フォロワー1万人以上は1~60分です。

 

長時間の動画共有には向いていませんが、手軽に動画配信できるコンテンツとして人気を集めています。

 

 

③TikTok

 

一般ユーザーは15秒、フォロワー1,000人など一定の基準を超えると60秒までの動画を共有できるサービスです。
15秒でどれだけ面白い動画を撮れるか競い合うエンターテイメント特化型の動画共有サービスになっています。

 

 

④Facebook

 

国内外でトップシェアを誇る定番SNSのFacebook。動画は40GB(およそ120分)まで投稿できます。
スマホで撮影して編集せずに動画を投稿する活用法が定番で、凝った動画ではYouTubeにアップしてFacebookでURLを案内する方法が人気です。

 

一部でFacebook上の友達だけしか閲覧できない動画を投稿する目的で、あえてFacebook上に長時間動画をアップする需要があります。

 

 

⑤Twitter

Twitter

原則として140秒(2分20秒)までのショート動画のみ投稿できます。ちょっとした動画をアップしたい方におすすめです。

 

拡散力が高いため、フォロワー数が少ない方はYouTubeへ投稿するよりも多くの人に見てもらいやすいメリットがあります。

 

 

⑥Dailymotion

フランスの動画共有サービスで、世界ではYouTubeに次ぐ2番手の存在として注目されています。
国内での知名度は低くて機能面はYouTubeに劣る部分もありますが、フォロワー数など過去の実績に関係なく広告収入を得られるメリットがあります。
海外を対象に動画投稿で収益化を目指したい方はチェックしてみてください。

 

 

⑦ニコニコ動画

動画の中に視聴者が投稿したコメントがテロップで流れる機能が人気です。
このほか生放送サービスやプレミアム放送などコンテンツが多様化しています。

 

YouTubeにシェアを奪われていますが、歌ってみた系やオタク系の動画では根強い人気を維持しています。
ニコニコ動画は、他の人が作った動画やコンテンツをアレンジできる機能があり、親動画・子動画による2パターンの収益化が特徴です。

 

 

⑧FC2動画

アメリカの動画配信会社が日本人向けに提供している動画共有サービスです。
FC2ブログ活用者向けの動画投稿やアダルト系、ゲーム配信系の動画が人気を集めています。