テレビ離れの要因の1つは、ネット上の動画コンテンツが大幅に進化したことです。

メディアの変容に関するサイトのヘッダー画像

テレビよりも動画の時代へ

捨てられたテレビ

 

昔は家にいる時はずっとテレビを見ていたけど、最近はテレビを見ないでスマホやパソコン、タブレットばかり見ている方が多いのではないでしょうか?

 

また、テレビはつけるけどスマホも一緒に眺めているので、テレビの内容がほとんど頭の中に入っていない状況も多く見られるようになりました。

 

テレビよりも動画の時代へ着実に変化をしていて、特に若者はテレビ離れが深刻です。
自分の部屋にはテレビがなくてリビングでくつろぐことが少ない。
さらに1人暮らしを中心に、テレビそのものを保有しないのも珍しくないでしょう。

 

 

テレビ離れが進む原因

 

テレビ離れが進んでいる原因は、YouTubeや動画配信サービスなどのネット動画が普及したことです。
また、TwitterやInstagramなどのSNSを通じて様々な動画や投稿を眺める方が増えました。

 

テレビ離れが進んでネット動画の時代に変化したのは、テレビそのものがつまらなくなったことと、動画が従来よりも魅力的かつ手軽になったことが関係しています。

 

 

テレビは退化した?

 

多くの方が「昔に比べてテレビがつまらなくなった」と感じているのではないでしょうか?
また、動画を見ることが好きではない人でも、テレビの必要性が低くなったと感じる方が増えています。

 

テレビが退化した要因は次の通りです。

 

  • バラエティ番組の規制強化
  • ニュース番組の需要減(ネットニュースへの移行)
  • 音楽番組の需要減

 

規制強化によってバラエティ番組で過激な演出が少なくなるなど、テレビそのものがつまらなくなったという意見が増えています。

 

スマホで情報収集する男性

また、音楽番組は新曲を披露するレギュラー放送が激減しました。音楽は発売からの鮮度を重視されず、売れている音楽さえ知っていれば流行に置いていかれることがありません。

 

このようにバラエティや音楽番組を見ていたユーザー離れが進んでいるほか、ネットやスマホの普及によってニュースや天気予報のシェアが奪われる状況に陥っています。

 

 

 

動画がシェアを高めた理由

 

動画がテレビからシェアを奪った主な要因は以下の通りです。

 

  • YouTubeの普及
  • 動画品質の向上(競争の激化、芸能人の参入)
  • 動画配信サービス(Hulu、Netflix)の普及
  • その他の動画サービスの普及(Instagram、TikTokなど)
  • 1人1台のスマホ保有が当たり前になった
  • ネット回線サービスの進化

 

YouTubeや動画配信サービスをご利用中の方は、動画の魅力についての説明は不要でしょう。
YouTubeも規制強化が進むものの、テレビに比べて表現の自由度が高いです。

 

尺を重視してCMや遠回しの演出をすることが多いテレビとは違い、動画は内容が詰まっているコンテンツがたくさんあります。

 

また、こうした動画コンテンツそのものの魅力が高まったことに加え、従来よりも動画を快適かつ手軽に楽しめるようになったことが関係しています。
スマホでは格安SIMやデータ大容量プランが普及したことで、リーズナブルな料金でデータ容量を気にせずに動画を楽しむことができます。

 

最近は自宅からインターネットを楽しむ際に、光回線を利用している家庭が多いです。
昨今は混雑しやすい時間帯でも安定した通信速度を楽しめる通信規格(IPv6)へ切り替わったことで、従来よりも快適に動画を楽しめるようになりました。

 

 

まとめ

 

テレビよりも動画の時代へ変化した要因は次の通りです。

 

●テレビの衰退

  • つまらなくなった
  • ニュースや音楽番組の需要減

 

●動画の進化

  • コンテンツの多様化
  • 動画品質の向上(競争の激化、芸能人の参入)
  • 通信環境の進化(低価格化、通信速度の安定)
  • スマホの普及

 

今後もテレビが衰退して動画は更に便利なコンテンツ・メディアへ進化する状況が続いていくでしょう。

 

ただし、テレビもこうした状況を理解していて、YouTuberの起用やドラマ放送の強化などを行っています。
テレビと動画が競い合う状況によって、双方が将来的に市場規模を拡大させていくかもしれません。

 

テレビ離れを加速させる動画共有サービス