需要を見極めることで、ネットビジネスの可能性は圧倒的に広がります。

メディアの変容に関するサイトのヘッダー画像

ネットビジネスにはどんな種類がある?

ネットビジネスでお金を稼ぐ女性

 

インターネットの普及によってメディアとビジネスの形が多様化しました。

 

子供のなりたい職業でユーチューバーが上位の常連になったのは有名な話ですよね?
もっとも稼げる可能性が高いのはYouTubeですが、このほかにもネットビジネスには様々な種類があります。

 

将来的にネットビジネスを手がけたい方へ向けて、ネットビジネスにはどんな種類があるのかまとめました。

 

 

インフルエンサー

 

インフルエンサーは配信者のことで、ユーチューバーが代表的な存在です。
YouTubeのチャンネル登録者やSNSのフォロワーをたくさん獲得すれば、広告収入・企業案件・投げ銭などで収入を得られます。

 

 

開発者

 

SEやエンジニア、プログラマー、Webデザイナーなど幅広い職種がありますが、開発者はネットやアプリを活用したコンテンツそのものを作る職業です。
インターネットが普及してから年々成長を続けている市場ですが、将来的には人件費の安い外国人への外注(オフショア)やAIによる自動プログラミングにシェアを奪われる懸念があります。
開発系の仕事を目指すなら、多少頑張ってでも難しくて将来性が高いプログラミング言語を習得するとよいでしょう。

 

 

通販系

 

Amazonや楽天などの大手ECサイトは個人でも比較的簡単にショップ運営ができます。
ほかにもメルカリなどフリマアプリで転売をするビジネスが普及するなど、通販系の仕事は売れる商品の選定さえできれば誰にでもチャンスがあります。

 

 

リモートサービス

 

2020年に急成長を遂げたサービスで、Zoomなど高品質ビデオ通話アプリを活用したオンラインサービスが普及しています。
英会話教室、ヨガ教室、家庭教師などが代表的なサービスで、今後もリモートサービスの需要は高まっていく見込みです。

 

 

アフィリエイト

 

アフィリエイトとは成功報酬型広告のことで、主に検索エンジンで上位表示されるサイトを製作して、広告主のリンクへ誘導を行います。

 

従来は個人ブログやキーワードを連呼するSEO対策で上位表示させることが可能でしたが、Googleの検索エンジンは年々アップデートされていて、本当に中身のあるサイトでないと上位表示されなくなりました。
個人のアフィリエイターは廃業する事例が増えていて、軍資金ゼロから独立開業するビジネスとしてのオススメ度は低いです。

 

 

ライター業

 

ライター業も主にSEO対策を目的にした記事を作成する仕事です。
アフィリエイトやSEOに強い企業が個人へ外注する事例が多いですが、Googleのアルゴリズムが優秀になっているため、ライターに求められる能力が年々高まっています。
業界全体の仕事量は減っていますが、量より質を重視される時代へ変化しているため、優秀なライターは将来的に収入が高まっていくでしょう。

 

 

ネット集客系

 

インターネットの普及で店舗を持たない個人でも簡単に集客できるようになりました。
ネット集客系ビジネスの一例をご覧ください。

 

全国が対象の集客サービス
  • 動画編集(ユーチューバーの外注、結婚式のムービー製作など)
  • 文章の添削
  • 似顔絵
  • 占い、カウンセリング
  • オリジナル商品のオーダーメイド製作
  • ビデオ通話や遠隔操作を活用したパソコン教室
  • 情報商材の販売

 

 

近隣が対象の集客サービス
  • 便利屋
  • 設備関連(水道、リフォームなど)
  • 外注業務の請負
  • プロのカメラマンサービス
  • イベントの企画、開催
  • 習い事の先生

 

 

これらは一例ですが、インターネットを通じて利用したいと思える需要を見極めれば、ネットビジネスの可能性は無限大です。
多くの人に見てもらうことが収益化の条件ですが、SNSのハッシュタグやビジネスマッチング系の掲示板など、多くの方に自分のビジネスモデルを見てもらえる方法がたくさんあります。

 

ビジネスモデルさえ優れていれば、広告掲載しなくても簡単に成功できる時代になりました。
まずは副業から始めるなど、自分の特技やスキルを活かして小規模事業を始める方が増えています。

 

 

ネットビジネスの可能性

 

個人をターゲットにした集客系ビジネスに限らず、ネットビジネスは既存の概念や常識、成功事例に沿った内容にする必要はありません
新しいことやニッチなジャンルでも発想力と一部から需要を獲得するマーケティング力があれば、どんなことでも成功するチャンスを秘めています。

 

昨今ではプロ奢ラレヤーが話題になっている職業です。今後もネットに関連した新しい職業やビジネスモデルがどんどん増えていくでしょう。