インターネットメディアには、ユーザーが参加しやすいメリットがあります。

メディアの変容に関するサイトのヘッダー画像

インターネットメディアの特徴

インターネットを利用中の女性

 

スマホやSNSなどの普及で市場規模を拡大させているインターネットメディアですが、一部で間違った情報が配信されることも多く、品質と信頼性はテレビ・新聞に劣る面があります。
その一方で、大企業が運営するテレビ番組や新聞とは異なり、表現の自由度が高い特徴を持ちます。

 

簡単にまとめると、インターネットメディアの配信する情報を有効活用するにはコツが必要ですが、良い情報を見極めれば実際の利用者による悪い口コミなど本当に有益な情報まで入手することが可能です。

 

インターネットメディアならではの特徴をご覧ください。

 

 

検索と選択

 

インターネットメディアは情報の種類と量が非常に多いです。
Yahoo!ニュースなどのトップニュースで紹介される最新ニュースを閲覧するだけではなく、検索機能や一覧ページから気になる情報だけを厳選して表示することができます。
ユーザー目線で必要な情報を探すことが容易なため、他のメディアに比べてマイナーな情報や個人の主観に基づいた情報が多いです。

 

一方で間違った情報を配信しているケースや、アフィリエイト(広告)収入を目的に広告案件がある商材をひたすら褒めている情報もあるため、一つの情報だけを鵜呑みにしてはいけません。

 

新聞社や出版社など信頼できるマスメディアが配信しているネットニュースは全般的に信頼性が高いですが、情報発信元の信頼性が乏しい場合は関連したネット情報を複数比較することが大切です。

 

目的の情報を探すまでの過程は簡単ですが、気になる情報を見つけたら再びインターネットメディアを使って信憑性を確認する作業を忘れないでください。

 

 

 

消える情報が多い

 

インターネットメディアはWebページや記事、SNSへの投稿を簡単に削除できる特徴があります。
気になる情報を見つけても、発信者側が不都合に感じれば削除されることが多いので注意してください。

 

新聞社など大手メディアが提供する情報は、間違った情報を発信したことが判明すれば、訂正と弁明・謝罪をするものですが、中小規模のインターネットメディアは何も案内せずに特定の情報だけ削除・修正することが多いので注意しましょう。
後から再確認したいと思っていた情報があれば、キャプチャ画像を保存しておくと便利ですよ。

 

このほか、検索エンジンのアルゴリズムによって、従来は検索して上位表示されていた情報が、再度検索しても上位表示されずに辿り着けなくなってしまうことがよくあります。

 

 

 

ユーザーが参加しやすい

スマホで口コミを投稿する女性

 

ネットニュースのコメント欄や通販・グルメサイトのレビュー情報を活用した経験がある方が多いのではないでしょうか?
インターネットメディアはユーザーが参加しやすく、ユーザーの意見がリアルタイムで反映されるメリットがあります。
さらに昨今はTwitterなどのSNSを通じて情報の拡散や意見交換をする需要が高まっています。

 

一方、ユーザーが参加しやすいことで誹謗中傷が社会問題になり、サクラ投稿やライバルを蹴落とす目的にした虚偽の情報が溢れているデメリットがあります。

 

今後は規制・セキュリティの強化が行われていく見込みで、ネット規制が整備されればインターネットメディアはより有益な媒体へと進化を遂げていくでしょう。

 

インターネット以外にどんなメディアがある?