5Gが普及することにより、医療現場では遠隔手術が可能になるかも?

メディアの変容に関するサイトのヘッダー画像

5Gはどうして“スゴイ”のか

5g

 

5G(第5世代移動通信システム)が2020年より実用化されました。
今後は電波を発信する基地局と5G対応端末が増えていき、少しずつ普及していく見込みです。

 

通信速度は速い方がいいと思うものですが、現状は通信料金の高さと対応エリアの狭さが課題になっています。
仮に料金と電波の入るエリアの問題を克服したとしても、従来の4Gで十分だと思っている方が多いのではないでしょうか?

 

5Gは最大通信速度が大幅にアップするほか、混雑の影響を受けずに安定した通信速度を維持しやすいメリットがあり、アンテナが近くにあれば場所を問わず、安定した超高速通信を使える凄さがあります。

 

5Gはどうして“スゴイ”のか、どこよりも分かりやすく解説いたします。

 

 

通信速度の違い

 

現在主流になっている4Gの最大通信速度は1,288Mbps(1.28Gbps)である一方、5Gの最大通信速度は3.4Gbpsです。
最大通信速度で見れば3倍弱の違いですが、5Gは実質通信速度が速いというメリットがあり、電波の環境さえ良ければ安定して1Gbps以上の通信速度を確保できます。

 

4Gの場合は大手キャリア(ドコモなど)のスマホで電波が良い環境でも30~70Mbps程度が実質通信速度の目安。
格安SIMは電波が良くても10Mbps程度の通信速度しか出ないことが多いです。
家庭向けの光回線の場合は最大通信速度1Gbpsのスペックが主流。実質通信速度の目安は200~800Mbpsです。

 

つまり、5Gは4Gより数十倍速い高速通信を利用することができ、さらには、光回線よりも速い通信速度をコンスタントに出すことができます。

 

 

遅延が少ない

 

遅延とは、インターネット回線を通じて端末から情報の発信・受信の処理をする際に発生するタイムラグです。
4Gでは10ms(※)の遅延がある所、5Gでは5分の1の1ms程度に遅延が改善されるため、通信速度の違い以上にタイムラグの少ない高速通信が可能になります。

 

仮に時速80kmで高速道路を自動運転していた場合、10msの遅延があると15cm程度の誤差が発生し、大きな車種では車線からはみ出してしまうリスクが生じます。
5Gであれば5分の1の3cm程度の誤差しか発生しないため、車の完全な遠隔運転や失敗の許されない作業現場での精密な作業を可能にできる通信システムです。
※ms=1,000分の1秒単位

 

 

5Gで期待できること

 

  • スマホから超高速通信を楽しめる
  • 自宅に光回線を導入する必要がなくなる
  • 自動車をクラウドと接続した自動運転や遠隔運転ができる
  • 災害現場や高層ビル建設など危険な場所でロボットを遠隔操作できる
  • 医療現場における遠隔手術

 

これらは一例ですが、あらゆる物をリアルタイムで遠隔操作できるようになるため、人による遠隔操作をはじめ、クラウドなどネット上に記録したプログラミングによって幅広い機器を動かせるようになります。

 

自宅の光回線が不要になれば通信費用の節約に繋がると期待している人が多いですが、普及にはしばらく時間がかかりそうです。
災害現場や建設現場では、移動式の基地局によって早期実用化を期待されています。

 

 

通信速度の安定性

 

5Gは同時接続に強く混雑を理由にした通信速度低下リスクが低いです。
ただし、電波が入れば常に1Gbps以上の通信速度を確保できるワケではなく、電波を受信する角度や障害物の影響を受けやすい注意点があります。
実用化されてからの通信速度テストでは、基地局の真下で計測すると200Mbps程度へ低下した事例もあるようです。
それでもコンスタントに光回線と同等以上の速度で安定するため、5Gの電波が入る環境さえ確保すれば、ストレスを感じるほどの速度低下リスクはありません。

 

 

5Gの問題点

 

5Gは4Gより全てにおいて優れていると思っている方が多いですが、一つの基地局から飛ばせる電波のエリアが狭く、障害物の影響を受けやすいデメリットがあります。
近い将来には5Gを活用したモバイルルーターやホームWi-Fiが普及する見込みですが、自宅のインターネットで光回線が不要になる日は遠いでしょう。

 

4Gと同等のエリアで電波が入る状況になるには4G以上の設備投資が必要になり、地下街やオフィスビルの中では中継局を用意しないといけません。
当面は4Gとの併用を続けていく見通しで、近い将来の5G普及に過度な期待はしないでください。

 

5Gスマホへの機種変更を検討している方は、近隣の電波状況を事前に確認しておくとよいでしょう。